島堤防での釣り!

こんにちは!

いつかはブリ太郎です>゜)))彡

2021.2.27(土) 定例の沖堤防へ!

コンディション 晴れ -3℃ 風4m/s 大潮

今回は島堤防へ行ってきました。

函館の沖堤防は赤堤防、赤堤防ハナレ、白堤防、白堤防ハナレ、島堤防の5ヶ所となります。

島堤防は最も沖になるので、より大きな根魚が狙えます。

今回も40up狙いたい!!そんな気持ちで島堤防へ向かいました。

到着すると風あるなぁ~・・・。まぁ、これから落ち着いてくるみたいだしとりあえず一投目!

根がかり・・・(;_;)

なんか、いつもと違う。うまく着底感がつかめない。。。

自分のスタイルとしては根がかり覚悟で底を攻めるようにリフトアンドフォールで誘っていくのですが、着底感がつかめない事が続き根がかりの連続でした((+_+))

沖堤防にもおそらくケーソンから根固めブロック、被覆ブロックが5m~10m程度?あると思われます。

ビフテキリグ28gで底を攻めますがやっぱり底についているのかわからない。

後から船長に聞いたのですが今日は潮の流れが速かったっしょと言われ、そういうことだったのかと納得いたしました。

まぁ、そんな手探りの中釣れた一匹目!

ちゃいちい~(;・∀・)

さすがに逃がしますよね。1歳くらいですかねぇ。

風も止みそうもなく潮の流れも速い中、続けていると~!!

42㎝アブラコ!!今日も赤ガルプです((((oノ´3`)ノ

なかなかいい引きでした!

この後も同じくらい、それ以上?のサイズのアブラコを上げる寸前まで来たのですが、ぶり上げるときにフッキングが甘く逃げられてしまいました(+_+)

やっぱりワームの動きをコントロールできていないことで合わせもうまく出来ていなかったことが原因だと思います。

もう少し重いシンカーを用意する必要がありそうですね。

徐々に日が暮れはじめ、ソイタイム<゜)))彡

まぁ、結果をいうとあまり大きいのは釣れず最大32㎝のクロソイでした!

途中、カジカ君も来てくれました!ちいちゃいので逃がしましたが。

トゲカジカ?っていうのかなぁ。カジカ種類多いし区別よくわかりません。

この日は満月でアメリカでは満月は月ごとに名前が付けられており、2月の満月は『スノームーン』というらしいです。

詳しくは、https://weathernews.jp/s/topics/202102/270095/

スマホで月とか花火とか撮ってもなかなか映えないですよね~

かなり月明りが明るくて逆光みたいな感じで正直釣りはしにくかったです。

ソイ右上のが一応〝スノームーン”w

今回はまた色々と学ぶことがありました~!

船長によると「大潮」がいいってもんではないそうです。

『「小潮」でも潮回りいいときもあるし、「干潮」から「満潮」にかけての上げ潮の方がいいっていう人もいる、逆に「満潮」から「干潮」にかけての下げ潮の方がいいって人もいる。それぞれいい思いをしたときの記憶があるからでないかな。』とのこと。

自分も潮や上げ潮、下げ潮など意識して海の状況に合わせた釣りができるように考えていこうと思いました。

今回の釣果です!

まぁ、数は釣れて楽しかったです!

次回はカレイ釣りに行こうと計画中!?

島堤防での釣り!」への2件のフィードバック

  • 2021年3月1日 @ 11:20 AM
    パーマリンク

    沖堤釣行お疲れさまでした!
    沖堤防は5つに分かれているとありましたが、ハナレって言うくらいなので白堤防から白堤防ハナレに行くには船しかありませんか?
    あと、潮の件は勉強になりますね!シンカーの重さもそうですがラインも細い方が流れの影響を緩和させそうですね。
    今自分はあまり釣りに行ける状況ではないので更新楽しみにしています!今後の為の行ったことのないポイントの予習になりますしね😁

    返信
    • 2021年3月1日 @ 2:00 PM
      パーマリンク

      加藤さん

      初コメントありがとうございます!

      白堤防は自分も二回しか行ったことがなく詳しい情報がわかりません。
      今度船長に聞いてみますね!

      ただ、白堤防のテトラを渡っていくことができるのかわかりませんが、テトラの方に向かっていったおじ様たちを見たことがあります。日中の釣れない時間帯など穴釣りで大きいのが釣れるのかもしれないねとK部長と話した記憶があります。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です